福冨諭の福冨論

RSSリーダーではこちらをどうぞ→https://feeds.feedburner.com/fuktommy

成宗一丁目にあった商店街

天沼の鎌倉古道」を書くきっかけは住宅街の中に現れる成宗商店街(仮称)が昔から人通りの多いところに生まれたのではないかという興味からだった。 人通りの多い少ないはわからないのだが、順番としてはやや東にある昭成会商店街が先にでき始めたように思える。

成宗一丁目睦會(1937年/昭和12年)「杉並區成宗一丁目在住者名簿」という資料が杉並区立中央図書館にあり、付録の案内図を見ると当時のお店がどうなっていたのかがわかってきた。 ただしスポンサー料を払わなければ地図に載せないということもあるかもしれない。 特に成宗一丁目の範囲外のお店については、スポンサー料を払ったところだけ載せているかもしれない(青梅街道の成宗側と阿佐ヶ谷側でお店の数が全然違うため)。

当時からあるお店で最近まで残っていたものは「成宗湯」などいくつかあるのだが、残念ながら全て閉店してしまったようだ。 両商店街とも杉並区商店街マップにも載っていない。

さて当時の商店街だが青梅街道沿いにお店が密集しているのは当然として(ここは新成会商店街になる)、住宅街の内側をみると昭成会商店街の原形のようなものが豆腐屋、酒屋、人力車、菓子店という並びであり、向かいにはタバコ店がある(このメンバーのうち酒屋は最近まで辛うじて看板が残っていたが閉店してしまった)。 その道路の延長上で成宗湯の近くにタバコ屋、米屋、ソバ屋がある。

成宗商店街になる部分には1つのお店も載っていない。 通りの西側が西田町ということもあるかもしれないが、成宗側にもお店がない。

なぜこうなっているのか。 これは地形を見れば一目瞭然で、当時はまだ荻窪団地阿佐ヶ谷住宅もできておらず、その場所は善福寺川沿いの水田だったからだと思う。 成宗一丁目周辺というのは青梅街道から南側の高台エリアだけを宅地化した状態なので、この住宅地を東西に等分する道が昭成会商店街になるのだ。 成宗商店街は当時の住宅地の西の端に近い位置にあるためお店がなかったのだろう。

逆に西田商店街荻窪団地前の商店街(杉並区商店街マップでは西田商店街の一部)のように、成宗商店街も荻窪団地やその周辺の住宅地に向けて生まれたのではないかと考えてもいいのではないだろうか。 土地の高低差があるので感覚的には成宗商店街と荻窪団地は別のエリアのように思えるのだが、単純に距離として考えると近い。

なお阿佐ヶ谷住宅のすぐ近くには商店街がないように見えるが、少し歩けば成田商店会杉成商店会といった五日市街道沿いの商店街がある。あるいは青梅街道に出るのだろうか。

話を戦前に戻す。 成宗一丁目周辺の住宅地を東西に等分する昭成会商店街の道をそのまま進むと、のちに杉並高校になる場所に出る。 当時はまだ水田である。 鎌倉街道の尾崎神社~須賀神社の旧ルート(杉並高校の敷地内を通る)が近い位置にはあるが、昭成会商店街の道の道はここで終点となる。

ここに専修大学第5代総長今村力三郎の邸宅があった。 今村力三郎小伝|専修大学

今村は長き弁護士生活による、杉並に広大な屋敷と修善寺に温泉付きの別邸をもっていた。 このほとんどの土地を新制専修大学に寄付するという大胆な行動を行った。 今村は現在の地下鉄丸の内線、南阿佐ヶ谷荻窪の間あたりに広大な屋敷をもっていて、その敷地は1万平方メートルもあり、その中にはボートが浮かべられる程の池があったという。

と書かれており、場所は今村力三郞 (第8版) - 『人事興信録』データベースで「杉並町成宗五〇」と特定できる。 今は大きな低層マンションがある。 おそらく住宅地の南端なのでまだ開発が進んでおらず広い土地を一括で取得でき、戦後まで維持できていたので分割しないまま大きなマンションを建てることができたのだろう。 マンションは2003年にできたのだが、それまでは住友銀行の社宅だったようだ。 専修大学は土地を住友銀行に売って資金にしたのだろうか。

土地の広さとしては大田黒公園(大田黒元雄邸跡)と同規模のように見える。 荻外荘(近衛文麿邸)もおそらく当時の敷地としては同規模だったのではないか。

「ボートが浮かべられる程の池」というのは弁天池のことだ。 ボートを浮かべるためにわざわざ池を掘ったようにも読めてしまうが、弁天池は元からあったもので、むしろ半分に埋め立てたのだそうだ(森泰樹(1987年)「杉並風土記中巻」)。 天沼弁天池公園を思い出したが、こちらの池は西武ゴルフ研修所(という名前の邸宅)時代に掘り直されたものだろうか。

天沼の鎌倉古道

杉並区の鎌倉街道の謎」を書いていて思い出したのだが成宗城跡の近所には住宅街の中に商店街が現れるので、もしかすると昔から人の往来が多かったのかもしれないと思って調べてみた。

といった記事があり、練馬方面~旧早稲田通り下井草天沼熊野神社日大二高文大杉並高校成宗公園~この商店街~成宗城跡~田端神社五日市街道人見街道/甲州街道府中 という鎌倉古道のルートであるらしい。

成宗公園~商店街のルートにクランクのような曲がり角があり、まるで脇道に入るようになっているのだが、明治時代の地図にも載っていてどうやらこれが元々の道らしい。成宗村と田端村の境だったようで、現在でも成田東と荻窪の境になっている。大正時代の地図には直進する道も描かれているのでこの時期に追加されたのだろうか。

Twitterで鎌倉古道と地形の話が出ていたが、この文大杉並高校~田端神社のルートは善福寺川に向かって突出した高台(舌状台地?)になっており、川を渡るときの坂は急になりそうだけどもそれ以外の道は通りやすかったのかもしれない。

東京城址女子高生 1 (HARTA COMIX)」に成宗城跡と鎌倉街道須賀神社が登場しているが、こちらのルートについては話題になってなかった。 成宗さんが善福寺川の対岸に「鎌倉街道監視のために砦と柵を築いた」という伝承の鎌倉街道は現在の鎌倉街道とはルートが違うはずだし、作中では大宮八幡まで見渡すのは無理だろうという会話をしていたが、ここでいう鎌倉街道は文大杉並高校~田端神社のルートのことではないだろうか。

森泰樹(1987年)「杉並風土記中巻」にこのテーマにぴったりの地図があったので引用する。

乗潴駅関係古道(杉並風土記中巻pp.396-397)

ただしこの地図は乗潴駅という古代の駅が練馬にあったのか天沼にあったのかというテーマのための地図であることに注意。 「鎌倉みち」として今回の天沼ルート、前回のパールセンタールートがあり、「下総往還」として中野追分ルートが描かれている。

大宮八幡甲州街道ルートは描かれていない。 旧高井戸村などを扱う下巻を確認したが、大宮八幡~甲州街道ルートには触れられていない。 地図には鎌倉橋や現鎌倉街道は描かれているのだが、本文には記述が見当たらなかった。 鎌倉街道として紹介されているのは人見街道のことで、武士は府中で集合してから鎌倉に向かったとされている。 なお旧人見街道は大宮八幡方面には向かわず上高井戸で旧甲州街道に合流していたというので今の下本宿通りのことか。

昔から人通りが多かったから商店街ができたのかという疑問は「成宗一丁目にあった商店街」で考える。

杉並区の鎌倉街道の謎

古地図と地形図で発見!鎌倉街道伝承を歩く」に杉並区の鎌倉街道のことが書かれていると知ったので読んでみた。 ここでいう鎌倉街道とは 甲州街道塚山公園/鎌倉橋~浜田山五日市街道熊野神社須賀神社 のルートである。 ここはいろいろ謎で「江戸時代から鎌倉街道と呼ばれていたが、鎌倉時代鎌倉街道ではないらしい」という程度の認識だったのだが、どうもそれどころではないらしいのだった。

まず甲州街道以南の鎌倉に至る道なのだが、これは江戸時代には失われてしまったという(武蔵名勝図会)。 以前ここを通って鎌倉まで(行けるところまで)行ってみようと思ったことがあるのだが、そもそも無理だったようだ。

そして武蔵名勝図会に書かれている江戸時代の鎌倉街道は現在とは異なり 甲州街道~鎌倉橋~大宮八幡~中野追分(新中野のあたりか)~板橋 なのだという。 また 大宮八幡~梅里中央公園すずらん通りパールセンター松山通り(旧中杉通り)~中杉通り豊島園~板橋 というルートもあるらしい(この本に書かれているのは豊島園まで)。 鎌倉橋~五日市街道ルートは大正から昭和初期に作られたものだという。 (ちなみに大宮八幡の一帯は弥生時代からの聖地なのだという。これには一番びっくりした)

ところが杉並区の郷土史研究家、森泰樹先生の杉並風土記シリーズをみると大宮八幡~中野追分ルートや大宮八幡~パールセンタールートは鎌倉古道と考えられているものの、甲州街道~大宮八幡ルートについての記述が見当たらない。 大宮八幡~人見街道府中鎌倉街道のルートとしている。 (詳しくは「天沼の鎌倉古道」にて)

現在「鎌倉街道」と呼ばれている道は甲州街道~鎌倉橋の部分も鎌倉橋~須賀神社の部分も、どうもスッキリとしないのだった。

公共料金をどのカードで支払うべきか

公共料金をどのカードで支払うべきかの検討メモ。 マリオットアメックス(を含むアメックスのプロパー・準プロパーカード)は公共料金のポイント還元率が通常の半分になるのでもったいないのです。 マリオットアメックスで150万円/年支払わなければならないので公共料金以外でノルマ達成できると仮定した場合ですが。 公共料金を3万円/月としています。36万円/年になるから150万円/年へのインパクトの方が大きそうなんですよね。

# EPOS Goldcard with point up shop
30,000円 * 1.5% = 450円

# Amazon Prime Mastercard with revolving
30,000円 * 1.5% - 5,000円 * 15% / 12 = 387.5円

# Amazon Prime Mastercard
30,000円 * 1.0% = 300円

# Marriott Amex
30,000円 * 0.75% = 225円

インタフェースの都合で引数が決まってくるときに残りの引数をどうやって渡すか

手癖でGoを書いてて最近やっと気付いたんだけどスタイルが2種類あるんだなと。いやGoに限らないけども。 インタフェースの都合で引数が決まってくるときに残りの引数をどうやって渡すかというのがあって オブジェクトのプロパティとメソッドで役割分担をすると

// controller.go
type controller struct {
    conf Config
}
func (con *controller) FooHandler(c *gin.Context) {
    c.JSON(200, gin.H{"foo": c.conf.foo})
}

// router.go
con := controller{conf}
r.GET("/foo", con.FooHandler)

みたいな感じになって、JavaScriptみたいにクロージャを使うと

// controller.go
func FooHandler(c *gin.Context, conf Config) {
    c.JSON(200, gin.H{"foo": conf.foo})
}

// router.go
r.GET("/foo", func (c *gin.Context) {
    return con.FooHandler(c, conf)
})

みたいな感じ。

湯葉のようなオムレツの続き

湯葉のようなオムレツの作り方を考える - 福冨諭の福冨論 の続きです。

道具と材料

  • フライパン(西友で1番小さかった直径14cm)
  • フライ返し
  • 卵 1個
  • 生クリーム 20cc
  • チューブバター

手順

  1. フライパンにチューブバターをちょっと出しておく
  2. 卵(冷蔵庫から出した直後でよい)を割って塩をひと振りして、生クリームを入れる。写真のスプーンが10ccくらい。
  3. よく混ぜる
  4. 中火にしてバターが溶けたら卵を入れる
  5. 15秒程度待つと底の方が固まってくる(膜ができてくる)
  6. フライパンの片方に膜を寄せる。液体の部分をフライパンに接触させて膜にする。数秒程度で固まるので早め早めに寄せていく。
  7. 液体部分が動かせなくなったら終わり
  8. フライ返しで適当に半分に折るか、フライパンをトントンしてそれっぽい形にする
  9. ひっくり返して皿に盛る

前回との差分

  • 生クリームをちょっと減らした
  • 中火にした

ポイント

  • 最初に作る膜はゆっくり15秒程度待たないとうまくいかない。ただあんまりゆっくりしてると厚くなってしまうと思う。最適な時間はまだわからない。
  • 2回目以降に作る膜は早めに寄せないと厚くなってしまう。ただあんまり薄いと寄せた側で癒着してしまう気がする。最適な時間はまだわからない。

Revolut にチャージできなくなったことについて au PAY に問い合わせてみた

6月14日頃にau PAY から Revolut にチャージできなくなったということで Revolut に問い合わせた人がいたんですが、au PAY に問い合わせた話は見てなかったので問い合わせてみました。

サポート窓口では電話番号やらカード裏の会員番号やら住所やらで本人確認する必要があって、チャージ残高が3000円あることは確認が取れました(Revolut にチャージできないことを確認した名残りです)。ただ Revolut にチャージできなかったログは窓口の人も見られないか、見られても教えてくれないかのどちらかのようです。

「Revolutというデビットカードがあって、これにチャージできなくて困っています」という質問に対する回答は

カードの状態を調べたが問題がない。 Revolut 側でプリペイドを拒否してるとか、3Dセキュアがないものを拒否してるのではないか? Revolut 側に問い合わせてくれ。

という内容でした。既に Revolut に問い合わせた人がいて au PAY 側から拒否されているという回答を得ているようなのでそのことを伝えて「Revolut に問い合わせて au PAY から拒否されているとの回答があった場合は次に何をすればよいのか」と聞いたところ

その場合でもサポート窓口としては案内できることがない。

という回答があったはずです(ここちょっとメモを取るのを忘れていたので曖昧です)。これでは何も解決しませんね。困ります。解決の前にまずは現状を把握したいので「au PAY 側で Revolut を利用禁止にしているのか」と質問して

我々が勝手に禁止にすることはない

という回答を得ました。これを信じるならば Revolut 側の説明が誤っていることになりますが、誤読を誘うトリックではないかと気付いたんですね。「我々というのがサポート窓口のことなのか会社のことなのかわからない。au PAY 全体としても Revolut を利用禁止にしていないのか」と突っ込んでみたところ

答えられない。答えるための窓口も用意していない。

とのことでした。つまり「au PAY は加盟店を利用禁止にすることがあるし、したとしてもユーザーには教えない」ということになり、ここまで回答してきた

  • Revolut 側の問題だろうから Revolut 側に問い合わせてくれ
  • 我々が勝手に禁止にすることはない

というのは全部不正確・不誠実だったということになります。

正直なところこんな危ういところに残高を預けておくのは不安ですね。アメックスのカードをVISAカードに変換するための貴重な中継点だったのですが(au PAY の物理カードはICチップやコンタクトレス決済に非対応であり、3Dセキュア非対応なのとプリペイドカード扱いのためネット決済でも使えるところが少なく、Revolut に変換しないと使いづらいのです)、よっぽどのことがなければもう使わないかなと思います。